2010年05月21日

<ストーカー>規制法違反容疑で3回目の逮捕 松山(毎日新聞)

 愛媛県警松山南署は14日、松山市山越6、無職、東山忠文容疑者(48)をストーカー規制法違反容疑で逮捕した。同容疑での逮捕は01年から3回目で、同じ元交際相手の女性(41)が対象。専門家は、現行法では被害防止に限界があると指摘している。

 容疑は4月7、8日、松山市内の4カ所で、女性を待ち伏せたりつきまとった、とされる。県警によると、今年初めに女性から相談があった。東山容疑者は「覚えていない」と容疑を否認している。

 東山容疑者は01年に2回、同容疑で逮捕され、実刑判決を受けて服役。県警によると、出所後もストーカー行為は繰り返されたといい、県警捜査員は「警察としては逮捕するしか方法がないが、すぐ出所して再び繰り返しかねない」と漏らす。

 DV(ドメスティックバイオレンス)防止法では、裁判所が接近禁止などの保護命令を出せるが、事実婚もない場合に適用されるストーカー規制法には同様の仕組みはない。お茶の水女子大の戒能(かいのう)民江副学長(法女性学)は「せめてDV防止法並みにする必要があるが、それでも繰り返す相手には効力が薄い。社会が女性の恐怖感や命の危険に対する危機感を持って、安全確保の仕組みを作らなければならない」と訴えている。【柳楽未来】

【関連ニュース】
八街殺人放火:孫娘の知人を別の器物損壊容疑で逮捕…千葉
ストーカー事件:初公判で認否留保 ノエビア元副社長
千葉・八街の殺人放火:別の器物損壊容疑、孫娘の知人逮捕 「ストーカー」と相談
ストーカー規制法:成立10年 誰でも被害者に 昨年相談、過去最高228件 /広島
県警:DVやストーカー被害「気軽に相談して」 女性警察官5人が捜査支援員 /徳島

<たちあがれ日本>新人の三木氏擁立 参院選比例(毎日新聞)
勤務先から2千万円着服、銀座で豪遊 元経理担当者を逮捕(産経新聞)
外国人ハイエース盗、部品輸出の貿易会社社長ら逮捕へ(産経新聞)
<日本新聞博物館>「新聞活用教室」に80人が参加 横浜(毎日新聞)
川辺川、八ツ場ダムは現状明記=参院選公約に―前原国交相(時事通信)
posted by コダマ アツシ at 17:26| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。