2010年03月16日

直接払い、10年度末まで実施猶予=出産一時金、医療機関に配慮−厚労省(時事通信)

 厚生労働省は12日、出産費用を公的医療保険から医療機関に直接支払う「出産育児一時金」の新制度について、対応が困難な医療機関は2010年度末まで実施を猶予すると発表した。医療機関の資金繰り悪化に配慮するためで、厚労省は4月からの全面実施を予定していた。11年度以降については、制度存続の可否も含め検討する。
 新制度は、妊婦が出産費用を立て替えずに済むよう、出産育児一時金42万円が医療機関に直接支払われるもので、当初は昨年10月全面実施の予定だった。しかし、支払いが出産後1〜2カ月かかることから、中小医療機関の不満が噴出し、実施が半年間猶予された。 

【関連ニュース】
7カ月ぶり流行水準下回る=インフル患者、定点0.77-感染研
インフル、流行目安下回る=施設当たり患者数1人切る
インフル患者、減少続く=週推計7万人
「重症患者引き受ける体制を」=搬送拒否で裁判長付言
自殺対策でキャンペーン=福島担当相

<普天間移設>官房長官が沖縄知事と会談「県外も検討」(毎日新聞)
<ジャンプW杯>欧州遠征終え岡部帰国 現役続行に意欲
当直1人、火の手になすすべなし…7人死亡火災(読売新聞)
日弁連会長選 再投票で宇都宮氏当選(毎日新聞)
<スカイマーク>管制官指示の高度より一時、高く飛ぶ(毎日新聞)
posted by コダマ アツシ at 16:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。